保健室から

保健室から
楽しい学校生活を送るためには、何よりも健康に恵まれるということが大切です。
“自分の健康は自分で守る”ことを柱に基本的生活習慣をしっかり身につけ、基礎体力を養い、けがや病気に負けない丈夫な体をつくる、そのためのお手伝いをします。
学校では、一年のはじめに定期健康診断を実施していますが、慢性疾患や特異体質等のある場合は、前もって届けてください。
また、その他健康上の問題や不安について校医と連携し、相談を受けられるようにしています。


 保健室からお知らせ

〇 お知らせ(2020年11月18日号)

お知らせ(2020年8月31日号)

〇 お知らせ(2020年6月1日号)






独立行政法人スポ-ツ振興センタ-
本学では在学する生徒の不慮の災害に備えて独立行政法人スポ-ツ振興センタ-と災害共済給付契約を結んでいます。
これは、在学中起こった災害に対してその治療費や見舞金の給付を受ける共済給付契約で、概要は次の通りです。

○給付の種類と給付される場合
学校の管理下で発生した事故による負傷と、給食による中毒その他の疾病(ガス中毒、漏水、日射病、ウルシ等による皮膚炎等)の医療費と、負傷疾病のため障害が残った時の見舞金および死亡見舞金が支給されます。この場合、学校管理下とは次の場合をさします。
(1)授業中
(2)学校の教育計画に基づく課外指導中
(3)休憩時間中および学校の定めた特定時間中
(4)通学中(登下校中)

独立行政法人スポ-ツ振興センタ-災害共済給付制度について (2020.6.1)





新型コロナウィルス感染予防ついて

健康観察記録表(新型コロナウィルス症状対応、PDF)






登校についての取り扱い

■出席停止が期間が決められている
 ・インフルエンザ ・百日咳 ・麻しん ・風しん ・流行性耳下腺炎
 ・水痘 ・咽頭結膜熱 ・結核 ・髄膜炎菌性髄膜炎

■出席停止の個別の基準はない(医師において感染のおそれがないと認めるまで)
 ・腸管出血性大腸菌感染症(O157) ・流行性角結膜炎
 ・急性出血性結膜炎 ・コレラ ・細菌性赤痢 ・腸チフス、パラチフス

■その他の感染症(学校で通常見られないような重大な流行が起こった場合に、その感染拡大を防ぐために必要があるときに限り学校医の意見を聞き、校長が第3種感染症として緊急的に措置をとることができるもの)
 ・感染症胃腸炎(ノロ・ロタウイルス) ・マイコプラズマ感染症
 ・溶連菌感染症 ・伝染性紅斑(りんご病) ・帯状疱疹 ・手足口病
 ・ヘルペンギ-ナ ・A型肝炎、B型肝炎 ・とびひ ・水いぼ ・アタマジラミ
 ・単純ヘルペス など

週間体調記録用紙(PDF)