校祖追悼の日について

来る6月21日(火)は、学校法人上野塾の創立者で、東京高等学校の校祖である上野 清先生のご命日にあたります。
本校では、この日を校祖追悼の日と定めております。
謹んで先生のご遺徳をお偲び下さい。

略年譜
1854年  安政元年閏7月17日(現在の暦では9月9日)、江戸(東京)に生まれる。
1872年  明治 5年8月 上野西黒門町に数学塾を開く。 (18歳)
<本校では 1872年を創立年とし、今年 150周年を迎える>
1888年  明治21年7月 神田猿楽町に東京数理学校を開校。 (34歳)
1890年  明治23年2月 東京数理学校を解消し、東京数学院とする。(36 歳)
1893年  明治26年12月 東京数学院尋常中学部を設置。 (39歳)
1894年  明治27年9月 仙台に東京数学院宮城分院(現・東北高等学校)を設立。 (40 歳)
1896年  明治29年12月 東京数学院尋常中学と改称。 (42 歳)
1899年  明治32年4月 東京中学校と改称。 (45 歳)
1922年  大正11年4月 東京実業学校(現・東京実業高等学校)を併設。 (68歳)
1924年  大正13年6月21日、逝去(享年 70歳)

関東大会に出場します

本年度は4つの部活動が東京都予選を勝ち抜き、関東大会に出場いたします。
応援よろしくお願いいたします。
詳細は各部のホームページからご覧ください。

【ラグビー部】
6月3日(金)より 山梨県富士市にて
◇ラグビー部  HP◇

【女子バレーボール部】
6月4日(土)より 都内2会場にて
◇女子バレーボール部 HP◇

【女子硬式テニス部】
6月11日(土)より 埼玉県狭山市にて
◇女子硬式テニス部 HP◇

【陸上競技部】
6月17日(金)より 栃木県宇都宮市にて
◇陸上競技部 HP◇

 

体育祭を実施しました

本日5月26日(木)河川敷グラウンドにて体育祭を実施しました。コロナ禍のため、時間を短縮し、内容も縮小いたしました。
無観客開催へのご理解とご協力、ありがとうございました。

入学式が挙行されました

令和4年4月8日、令和4年度入学式が挙行されました。

令和4年度 入学式 式辞(主旨)

本日、入学式が挙行できますことは、私ども教職員一同の、大きな喜びでございます。心から御礼申し上げます。
入学許可をいたしました新入生の皆さん、入学おめでとうございます。保護者の皆さま、お子さまのご入学おめでとうございます。長い義務教育期間を経て さまざまな思いで本日を迎えられ、喜びも一入(ひとしお)のことと存じます。私ども一同、皆様のご協力を得ながら、一丸となって新入生全員が充実した高校生活を送り、無事に卒業の日を迎えられますよう、精一杯頑張っていく所存でございます。
本校は今年、創立150周年を迎えます。皆さんはその記念すべき年に入学した生徒という事にもなります。是非、本校の長い歴史にしっかりとした足跡を残していってください。
さて、一昨年からのコロナ感染症による未曽有の混乱は、未だ収束しておりません。様々な式典・行事が影響を受けて簡略化されているところですが、せっかくのこの機会です、一つだけ皆さんにお伝えしたいことがあります。
昨日の始業式で、2・3年生にも伝えましたが、今、世界は混迷を極めています。政治家が対立を煽り、他の政治家ではなく自分にまかせていれば大丈夫だ、と主張するという風潮があります。でも、誰か凄い人が、偉い人が世の中の全てを決めてくれればうまくいく、というのは本当なのでしょうか? 自分で考えなくていいのは楽ですが、そんな出来過ぎた旨い話はないと思います。
「みんなが自分で考え、自分で決めていく」のが、世界本来の姿です。
是非、皆さんには東京高校での学びの中で、「自分の頭で考える習慣」を身に付けていってください。
最後になりますが、高等学校は修養の場でもあります。そして、学校だけでなく、家庭と地域の三者が連携・協力することが大切です。保護者の皆様、本校の発展と充実のために温かいご支援とご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。
新入生諸君には、今日の喜びと感動を忘れず、心身共に健康で、自らを高め、有意義な学校生活を送ることを期待します。
以上をもちまして、入学式の式辞といたします。
ありがとうございました。

令和4年4月8日

学校法人上野塾
東京高等学校長  鈴木 徹

始業式が行われました

令和4年4月7日、第1学期始業式が行われました。

 

令和4年度 1学期始業式 校長講話 

皆さん、おはようございます。
3学期の修了式から、さほど時間は経過していませんが、この春休みにリフレッシュして、新しい目標は設定できたでしょうか?
前回、折々の節目は大事だと言いましたが、仏教に「*無始無終」という考え方があって、文字通り終わったと思っても、もう始まっているという、言葉で説明するのは難しいのですが、学校でいえば3学期が終わったら、それは実質的には新学期の始まりで、高校を終えたと思っても、それは新しい出発点に立つことなのだ、という感じでしょうか。
要するに切れ目などないということです。考えてみれば当然で、「新しい門出」とか「第二の人生」とか、便宜上言っているだけで、人生は切れ目のない連続なのです。
過去は変えられないし、未来は分かりません。ただ確実なのは今がある、ということです。
毎日、毎日、学校に来る、そうすると1年間皆勤できます。高校生活は3年間ありますが、これも一度に3年あるわけではなく、毎日毎日を積み重ねていって3年になるわけです。
今、世界は混迷を極めています。
昨年の始業式で、3年生(当時の2年生)には、
「誰か凄い人が世の中のことを全部決めてくれて、その通りやっている方がうまくいく、というのは多分ウソです。特定のリーダーに期待して、その人が世の中を変えてくれるというのは、(これを「カリスマモデル」といいますが)、何か違うような気がします」
という、話をしました。
今、たった一人の人間が世界の秩序を破壊できるほど、世界は狭くなっています。
我々に出来ることは限られていますが、やっていいことと悪いことを「自分の頭で」正しく考えられることが基本になるのだと思います。
特に3年生は本年度中に18歳を迎え、成人の仲間入りをします。2年生にも、次の1年を見据えてほしい。
その意味でも、人に言われたままに行動するのではなく、自分で考えて行動できる人になってもらいたいと思います。
皆さんには、常に自主的であろうと心掛け、一日一日を大切に過ごしてもらいたいと願っています。

 

*無始無終‐始まりもなければ、終わりもない、という意味。目標に向かって頑張り、目標に到達をする。その時に、そこで安心してはいけないという戒めの言葉でもある。終わったということは、また新しい出発点に立っているということ。

 

令和4年4月7日

学校法人上野塾
東京高等学校長  鈴木 徹

修了式が行われました

令和4年3月19日、修了式が行われました。

 

令和3年度 修了式 校長講話 

おはようございます。今日で3学期が終わり、令和3年度も幕を閉じることになりました。
3月5日には卒業式が行われ、286名の先輩たちが本校を巣立っていきました。この式典は、これ以降のモデルとなる、素晴らしい卒業式でした。
その式辞で、私は三年生に「皆さんは、このコロナ禍で経験したことをエネルギーに、世の中を変えていってください」と伝えました。本校HPにも掲出していますので、皆さんも目を通してみてください。
また、卒業式と同様、今日の表彰でも、出席優良者の数字は本当に素晴らしいと思います。
・1年生の精・皆勤者が274名、約86.4%
・2年生が260名、約84.4%
1年間一度も、休まず、遅刻もしないという事は本当に凄いことだと思うのですが、その1年というのも一度に来るものではないので、結局は一日一日の積み重ねです。3か年皆勤はまた、その一年一年の積み重ねです。何事もこつこつとやるという、その事が尊いのだと思います。
さて、この1年を振り返ると、皆さんにとっては、どんな1年でしたか?
それぞれ反省はあると思いますが、具体的に何がよかったのか、何が悪かったのか、と検証を試みてください。節目、節目にきちんと反省しておくことは、次の目標を立てる上でも大切なことだと思います。
以上を踏まえて、この春休みには一年の反省をきちんとして、新たな目標を立てて下さい。目標はたいそうなことではなく、例えば、毎日学校に来る、それを1年積み重ねる、ということでも十分なのです。
怪我・事故には十分気を付けて、また元気に、始業式に会いましょう。

東京高等学校長 鈴木 徹

 

*****

離任式

この3月をもちまして、2名の先生が退職されます。

・齋藤 秀雄 先生(地歴公民科)
1980年(昭和55年)入職。在職42年。
・早川 達之 先生(数学科)
1985年(昭和60年)入職。在職37年。

本校の発展に、ご尽力いただいたことに感謝いたします。
また、先生方の新たなるご活躍をお祈りいたします。
東京高等学校教職員一同

 

卒業式が挙行されました

令和3年度卒業式が挙行されました。

令和3年度 卒業式 式辞(主旨)

286名の卒業生の皆さん、誠におめでとうございます。
皆さんは平成31年、つまり平成最後の4月、翌5月には令和になるという年に入学しました。
以来3年間、本校で多くのことを学び、ここに高等学校の全課程を修了しました。
明治5年創立の本校は、今年150周年を迎えることになりますが、その本校の歴史に、皆さんもしっかりと刻み込まれたわけです。式中で表彰された人たちに限らず、ここに並んだ一人ひとりが、この3年間できっと立派に成長してくれたことと確信しています。
また今回の式は、明治27年に行われた第1回の卒業式から数え、第130回の記念すべき節目です。(節目の年なので記憶に残ると思います。)
さて、このところの卒業式、昨年は保護者の皆様にはご入場いただけませんでした。一昨年に至っては卒業生全員が一堂に集まることもできませんでした。振り返ってみれば、皆さんが高校1年生の冬の、3学期からはそれまでと違った日常が始まりました。はっきりいうと「普通」ではなくなったわけです。そのような状況の中で、生活のさまざまな場面で、皆さんは「可哀想」だと言われるようになりました。修学旅行に行けないので「可哀想」、文化祭などの行事が出来ないので「可哀想」……でも、誤解を恐れずに言うと、私は皆さんが「可哀想」だとは思っていません。何故かと言うと、「現在」を裏返せば、「将来」には、大きな期待をしてよいことになるからです。
感染が拡大した当初、もしかしたら世の中の「普通」が劇的に変わるのかなと、良い方向に期待する気持ちもありました。しかし今の世間の風潮は「早く普通に戻りたい」という考えの一点張りであるような気がします。それでは、いわゆる「*パラダイム・シフト」は起きません。
*パラダイム・シフトとは「今までの常識が大きく覆って、全く新しい常識に切り替わる」、尺度の大転換。
いずれにせよ、劇的な変動が期待できそうにないのは、実に身も蓋もない話なのですが、「パラダイム・シフト」の機巧(からくり)は、結局『世代交代』だからなのです。人間の入れ替わりを待たないと世界は変わらない、この実相を昨今痛感しています。
新しく正しい理論でも、古くて誤った理論を一瞬で駆逐することはないようです。その意味で申せば劇的な「シフト」など決して起こらない。長い時間をかけて、新しい「普通」にシフトしていく。それが結局のところは「通例」なのです。
そういう意味で皆さんには期待しています。皆さんの世代(今の20歳前後)の人たちが、人口の過半数を占める頃には、必ず「変化」が起こります。それは、まだまだ20年くらい先かもしれませんが、現在の混迷の経験を元に世の中は変わるはずです。我々の世代、いや、少なくとも私には想像できない未来でありますが、皆さんには、新しい時代を創っていく力があるのだと、私は心から信じています。

さて、その前に、卒業生の皆さん、今日の節目を確かにするために、帰宅しましたら、改めてご両親に卒業の報告をし、感謝の気持ちを伝えてください。最後になりますが、保護者の皆様には、この3年間、本校の教育活動にご協力とご理解をいただき、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

卒業生の皆さんの前途に、幸多かれと祈ります。
以上を持ちまして、式辞といたします。

令和4年3月5日

学校法人上野塾
東京高等学校長  鈴木 徹